誰かの成長のために厳しくなれるか

こんにちは。

大家一二です。

 

めっちゃ紅葉のシーズンですよね~ 😀 

 

天気もいいと、どこかに出かけなくては勿体ないような気分になってきます(笑)

…ということで、今日の午後から大分県の九重町に行ってきます 🙂 

ある神社のボランティア清掃が目的です。

 

奥さんは、「大分の神社の清掃の前に、自分ちの庭を掃除しろ!」

と言っています。

 

ご、ごもっともです….^^;

 

 

今日のテーマは、

【誰かの成長のために厳しくなれるか】

 

私は、あまり感情を表に出すことがありません。

感情を表に出すのが、もしかしたら苦手なのかもしれません。

怒るとか怒りの感情というものも、たまにはありますが、滅多に持つことがありません。

 

そういう温厚な性格だからか、

人から「優しい」といわれることは、良くあります。

まぁ、この性格はライフコーチとしては、比較的向いてる性格だとは思ってるんですが、

先日、ある体験講座に参加して気付いたことがあります。

 

それは、

「自分の優しさには、”エゴ”があるな」ということ。

 

そのエゴとは、

人の気分を害したくない、

人を傷つけたくない、

人に嫌われたくない、

…という根底にある感情。

 

いや、別に悪いことだとは思ってないんですよ^^

「優しい」といわれる人には、少なからず、この感情があると思いますし。

至って、普通のこと。

 

ただ、

人を育てる、

人を幸せに導くライフコーチとしては、

「見直したほうがいいかな?」という気づきもありました。

 

エゴの優しさでは、人を成長させられない、人を幸せに出来ない。

 

「エゴ」とは、相手のためではなく、

自分の為に発している言葉や行動ですよね。

 

本当にその人の成長と幸せを想い、

誰よりもその人の味方になって、

その人の心に響く言葉で、必要なことを伝えていく。

 

「こんなことを言ったら、相手はどう思うだろう?」

「嫌われるかもしれない…」

「これまでの関係が崩れるかもしれない…」

そう思って、伝えるべきことを伝えなかったり、

オブラートに包み過ぎて相手に伝わらなかったら、意味がないですからね(笑)

 

 

伝え方はもちろん大事ですが、

時には「痛み」を伴う表現の方が相手に伝わることもあります。

 

でも、本当に相手のことを想った言葉だったら、きっと伝わるはず。

 

「優しさ」も「厳しさ」も、エゴであってはいけない。

 

講師の方の話を聴きながら、自分の中のエゴに気づいたのでした。

 

「本当に、心から相手の成長や幸せを願って言葉を伝える。」

これを肝に銘じて、ライフコーチをやっていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【ご案内】

仕事と人生を自由化し、最高に自分らしい幸せを手に入れるための、

考え方や行動の仕方など、私の知識や学びをシェアするメルマガを発行しています。

今の延長線上の人生は満足できない方、違和感を感じられている方は、

ぜひ、ご登録ください。↓

【メルマガ登録はこちら】

 

ライフコーチ  大家 一二

☆☆感じたことや質問、お悩み相談などもお受けします☆☆

以下のメールやLINE@から、お気軽にメッセージください。
E-Mail:ichiji.oya@gmail.com
LINE@ :http://line.me/ti/p/@edv9685i
ID検索は「@ichiji」で^^

もし記事が気に入って頂けたら、是非SNSでシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの仕事と人生を自由化するライフコーチです。 私たちは人生の中で長い時間を仕事に費やしますよね。 その仕事が楽しくないなんて、もったいない! 私があなたの仕事と人生を自由化するお手伝いをします。