仕事を楽しむために必要なこととは…その1

私は、

「仕事と人生を自由化する」ということをコンセプトに、ライフコーチをやっています。

 

一説には、人生で仕事に使う時間は10万時間だとも言われています。

 

これは、平均的な寿命の14%程度だということなのですが、

 

実際、就労期間中の仕事に使う時間は、もっともっと高いパーセンテージになりますよね。

 

1日24時間のうち、通勤も含めて12時間以上”仕事”に拘束されている人は、相当数になるんじゃないかと思います。

 

つまり人生の中で、元気に働ける期間の半分以上の時間は、仕事に使っているといっても過言ではないと思うんです。

 

その仕事が、辛いものであったり、苦痛なものであるのは、

とっっっっっっても”勿体ない”ことだと思うんです。

 

だって、人生の中の大事な期間の、半分の時間を、辛く苦しい時間として過ごすなんて、

ある意味、自分自身にとっての罪ですよ。

 

それだと、人生の最後の時に「あ~、面白かった!」って言って、棺桶に入れないじゃないですか(笑)

 

つらい仕事をする為に、今世に生まれてきたわけではありませんよね^^

 

「人生を楽しむために、仕事を楽しいものにして欲しい」

これが、私の願いです。

 

そこから、私のライフコーチとしての理念は、

「仕事と共に人生を楽しんでいる人を量産する」ということになりました。

 

 

私は毎朝、通勤途中にセブンイレブンでコーヒーを買いますが、

これから仕事に行くのに、生気のない、少し疲れたような表情をしている人をたくさん見かけます。

東京の地下鉄や山手線でも、そんな表情の人をたくさん見かけました。

 

そんな人たちの表情が、イキイキとしたものに変わっていったら、どうでしょうね?

 

朝のコンビニは、元気な挨拶が飛び交う場所になるかもしれません。

地下鉄や山手線は、少しにぎやかな空間になるかもしれません。(迷惑ですかね^^)

 

でも、ちょっと落ち込んだりすることがあっても、「朝の通勤電車に乗ったら、少し元気になれた」

 

なんて社会になったら、最高じゃないですか?

そういう妄想をしながら生きてます(笑)

 

 

あなたは、

仕事に対して、どんな感覚を持っていますか?

 

仕事は、あなたにとって、どんなものでしょうか?

 

 

今日も一日、

皆さんも仕事に取り組まれると思いますが、

「自分にとって仕事とはどんなものか、仕事を楽しんでいるか」

ということを、自分自身で確かめて欲しいんです。

 

つまり、自分の仕事に対する意識を確かめてみる、ということです。

 

 

いかがですか?

「お金を稼ぐためのもの」、「給料をもらうため」

「自分を成長させるもの」、「修行の場」

「夢を実現させる舞台」、「人生そのもの」….等々

色々な思いや考えがあると思います。

そして、率直に「仕事は楽しめていますか?」

 

この質問への回答は、どうだったでしょうか?

もし、この答えが「楽しんでる」

以外の答えだったとしたら、

 

ぜひ、「自分は仕事をどんなものにしたいのか?」

という質問を自分にしてみてください。

 

自分の意思を明確にしてみましょう。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

「仕事を楽しむために必要なこととは…」

何だと思いますか?

 

 

私の結論は、「自己価値感」「自己裁量権」です。

 

「私は、この仕事で価値を生み出している。」

「私は、この職場で役に立っている。価値を提供できている。」

「私は、この職場で必要とされている人間だ」….

 

というような、”自分には価値がある”という実感を持てることは、

仕事を楽しむためには必須の条件です。

 

どんなに所得が高くても、この”自己価値感”を実感できていない人は、

仕事を楽しめません。

 

 

それと、「自己裁量権」

自分が、自分の判断で自由に決めることができる仕事の領域。

自己裁量権がどれくらいあるかは、仕事の楽しさと正比例します。

自分の裁量で決められることが多ければ多いほど、仕事を楽しめる度合いも大きくなります。
(「楽しもう」と思っていれば..ですが。)

「自分が決めたことで仕事の成果が出る。それが自己価値観につながる。」

というループが回りだすと、仕事はたまらなく楽しいものになります。

 

もちろん、自己裁量権には、それに見合った責任がセットでついています。

この”責任”というのが嫌で「私は決められたことをやるだけの仕事が好き」という人もいますが、

この責任も仕事を楽しむためのスパイスです。

「自己裁量権はたくさんあるけども、責任は全くない」なんてことはそもそもありませんし、

 

責任という緊張感を伴った自己裁量権であるからこそ、達成感と価値感を得ることができるんです。

 

 

さて、

「自己価値感」と「自己裁量権」、

あなたは、どれくらい持っていますか?

そして、「もっとたくさん持ちたい」と思いますか?

 

これも、自分の仕事に対する意思の確認です。

少し考えてみてくださいね。

 

長くなっちゃったので、続きは次のブログで^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

 

ライフコーチ 大家一二

 

大家一二のブログを応援していただける方は、
↓をポチッとお願いします。

 
人気ブログランキング

☆☆ご案内☆☆
「ライフコーチングって何なの?」
「興味はあるんだけど、どうやったら受けられるの?」
「悩みや相談したいことがある」
という方のために、体験セッションを用意しています。

90~120分程度の、オンライン(SkypeやZOOMなど)でのお試しセッションです。
メルマガ購読者は、通常5000円が無料になります。

ぜひ、一度体験してみてください。
メルマガ登録はこちら

☆☆感じたことや質問、お悩み相談などもお受けします☆☆
以下のメールやLINE@から、お気軽にメッセージください。
E-Mail:ichiji.oya@gmail.com
LINE@ :http://line.me/ti/p/@edv9685i
ID検索は「@ichiji」で^^

もし記事が気に入って頂けたら、是非SNSでシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの仕事と人生を自由化するライフコーチです。 私たちは人生の中で長い時間を仕事に費やしますよね。 その仕事が楽しくないなんて、もったいない! 私があなたの仕事と人生を自由化するお手伝いをします。