ワクワクする!…..ってどんな感じ?

 

自己啓発系の本なんかに、良く、

「ワクワクすることを見つけましょう」とか、

「ワクワクすることをやりましょう」というようなことが書かれていますよね。

 

私も、コーチングの時とかに、

「AとB、どっちがワクワクしますか?」というようなことをクライアントに聞いたりします。

 

でも、中には「ワクワクという感覚が、なんだかよくわからない」という方もいらっしゃいます。

それも、良くわかります^^

 

わたしも以前は、

「〇〇やると、ワクワクしませんか?」なんて聞かれて、

「ちょっと何言ってるかわからないですけど…」と思っている方でした(笑)

 

それは、今になって思えば、感度が低かったんだと思います。

自分が楽しいと思うこと、嬉しいと思うことに対してのアンテナが低い状態。

 

海外旅行とか、超行きたかったエリック・クラプトンのライブに行くとか、

新しい車を買うとか、そういう時に「ワクワクする気持ち」を感じることはできるけど、

めっちゃ元気のいい芝生の上を歩いたり、人から笑顔で「ありがとう」と言ってもらったり、

なんだか面白そうな本を見つけたり、

初めての人と会うとかいうことには、

ワクワクするというような感覚を持ててはいなかったと思います。

 

「別に…」みたいな感じで^^;

 

でもね。

上に書いたような、日常的に起こるちょっと出来事にワクワクしている感覚を感じれる今の方が、明らかに幸福度が高いです。

自己肯定的に毎日を生きている実感があります。

 

「ワクワクという感覚が、なんだかよくわからない」と思っている人も、

実際は、日常のちょっとしたことに、楽しくなったり嬉しくなったりしてるんですよ。

 

だけど、その微妙な自分の感覚や感情の変化に、気が付いていなかったり、

「こんなの当たり前のことだ」と、感情に蓋をしてしまっているんです。

 

これ、とても勿体無い事ですよ^^;

 

私はコーチングの中で、出来事に対する自分の受取り方や解釈を「観察」してもらうことを取り入れています。

これは受取り方や解釈のバリエーションを広げることが目的で、自分の感情の変化にも次第に敏感になってきます。

 

「あ、これなんか好きだな。」とか、「ちょっと今、ワクワクしてるかも。」という

小さな感情の変化をキャッチできるようになってきます。

 

こういう小さな喜びや幸福感を感じれることが、幸福優位性にも繋がってきます。

※「幸福優位性ってなに?」という方は、こちら↓のブログ記事を読んでくださいな^^
https://oya-ichiji.com/2018/03/18/the-happiess-advantage/

 

ワクワクの感度を上げたいと思ったら、

まず「自分の感情を観察してみる」ことから始めてみましょう。

 

そして、自分の感情に蓋をせずに、小さな、ちょっとした感情の変化をじっくりと味わってみてください。

 

日常のどんなことに自分がワクワクしているのか、わかるようになってきますよ^^

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 大家一二の無料メルマガにご招待^^☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大家一二の「仕事と人生を”もっと”自由にするメルマガ」で、
あなたがもっと人生を楽しむためのヒントをお伝えしています。
ぜひご登録を!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

“人生のナビゲーションシステムを手に入れる”
大家一二の「人生が変わる12stepコンサルティング」はココでチェック!↓

体験コーチングも募集してます^^


http://ichijioya.xsrv.jp/12step/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆感じたことや質問、お悩み相談などもお受けします☆☆
以下のメールから、お気軽にメッセージください。
E-Mail:ichiji.oya@gmail.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大家一二のブログを応援していただける方は、
↓をポチッとお願いします。

 

もし記事が気に入って頂けたら、是非SNSでシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

あなたの仕事と人生を自由化するライフコーチです。 私たちは人生の中で長い時間を仕事に費やしますよね。 その仕事が楽しくないなんて、もったいない! 私があなたの仕事と人生を自由化するお手伝いをします。